SHARP メビウス PC-WT70SでFreeBSD-AMD64

二箇所ほど引っかかった所があったが、無事動いているようだ。特に親指シフト(SCIM-Anthy)は、古いマシンから設定ファイル(~/.scim以下とxmodmap関連)をコピーしただけで普通に使えている。USBマウスを(X11が既に立ち上がっている状態で)指したら普通に認識されたのはびっくり。進化してるじゃん、moused。

二箇所引っかかったというのは、プリンタと音関係。

プリンタは、PIPSをインストールしようとしたらi386じゃないからだめ、といわれたもの。 Makefile をいじって無理矢理入れてみたが、やっぱり動かない。しかたが無いのでi386ベース(VIA C3-1GHz)のFreeBSDサーバにPIPSを入れて、さらに、このサーバに印刷データを送るようにする。具体的には、サーバの/etc/hosts.lpd にクライアントのホスト名を追加し、クライアント機の /etc/printcap を以下のようにする。

lp:\
      :sd=/var/spool/lpd/サーバのプリンタ名:\
      :mx#0:\
      :sh:\
      :lp=:rm=サーバのIPアドレス:rp=lp:\
      :lf=/var/log/lpd-errs:

続いて音関係。このメビウスに限らず、最近のチップセット内蔵型の音源チップはHDA(High Definition Audio)という規格のものを使っているようだ。で、HDA用のドライバはまだSTABLEにも採用されていない。しかし、ドライバの開発はAriff Abdullah氏らによって進められており、現在氏のサイトにてSTABLE用のパッチが公開されている。(snd_RELENG_6〜.tar.gzってやつ)

このパッチを適用してカーネルを作りなおせば、snd_hdaドライバで音を鳴らすことができる。

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07
2021 01

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。