今更ながらアラップネタ発掘

Two Portland Firms Vying For Japanese Stadium (portland architecture)より。

リンク先はポートランドに関する建築ネタのブログ。アラップスポーツ・広島新球場プロジェクトチームの一員である Architecture WZiba Design がポートランドの会社なので取り上げた模様。このブログによると、スイスの金融機関である Credit Suisse First Boston (現クレディ・スイス)がArchitecture Wに「広島新球場への投資を考えている顧客がいるのだが、いい設計者はいないか」とコンタクトをとったのだとか。

この記事で注目すべき点は日付。2006年3月12日である。そして、この記事に記載されている球場案は、同年6月にぶち上げたアラップの球場案とまったく同じもの。つまり、アラップは、コンペで辞退した案をそのまま公開したということ。ちなみに、アラップスポーツプロジェクトの代表格としてよくインタビューに答えていたマイケル・ウィニック氏がこの記事に寄せたコメントによれば、この新球場案は2大陸、2島の6つの設計会社による共同プロジェクトとのこと。市の資料[archive]とこの記事を合わせて考えると、この6社は以下の通り。

コメント(0)



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。