自作CMSへの道(2): 画面レイアウトをスケッチする

前回の続き。基本コンセプトが決まったところで、紙に鉛筆で画面デザインをスケッチしていく。一番上のブロックにはタイトルがあってその下には左寄せで新着、設定画面、RSS、検索用のフォームがあって…、というのを描いていく。

画面デザインはページのタイプごとに違うので、タイプごとに別の紙に描いていく。このサイトの場合は、ブログ(リスト表示)、ブログ(単独コンテンツ)、非ブログコンテンツ(インデックス表示)、非ブログコンテンツ(記事本体)、コメント投稿画面の5パターンかな。でもって、ページのタイプごとにURLの規則も決め、紙に書き込んでいく。

こうやってデザインを決めていく過程で、どんな情報を表示させるのかがわかる。つまり、データベースのテーブル構造もだいたい決まってくる。

そして、デザインをおおよそ決めたところでMySQL Workbenchを起動して、テーブルを作ったり参照テーブルにデータを入力したりする。

コメント(0)

コメントを投稿する際はここをクリック


Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。