【サッカースタジアム@市民球場跡地】やはり25000人くらいかな→22000~28000くらいだった

(12/22 11:30 座席数の根拠を書いた方がいいと思ったのでpdf差し替え、ついでに見積りをミスってた(汗))

(12/25 座席数見積りをさらに見直したのでpdf差し替え。あとJリーグでのベンチシートの座席数見積りって確認したら幅45cmだったんでその辺も見直し)

/img/blog/atochi-stadium20131221.jpg

断面図はこちら(座席数の見積根拠含む)。基本コンセプトは大体今までどおり。

「チケット収入的にやっぱりピッチサイド席はあった方がいいよね」ということで、バックスタンドは三層構造にしてみた(アマチュアの試合では2層めを主に使う)。高さ制限のせいで放送席やVVIP席を入れたらメインスタンドの奥行きがさらに狭くなってしまった(その分バックスタンドのアッパーデッキに回す、というのも考えてみたけど、試してみたら二層めのスタンドとの兼ね合いで変わらなかった)。メイン・バックスタンドが13000人強でゴール裏立ち見席が11000人、計24000人となった(12/22追記 計算しなおしたらメイン・バックスタンドで13520席、ゴール裏で13340席で26860席になった。立ち見席って一人頭0.2平方メートル[archive]なのね。0.3平方メートルで計算してた→さらに追記:出入口の見積りミスってた。メイン・バックスタンドは13020席でゴール裏込みで26360席→12/25 出入口の見積りは12/22の追記どおりでOKだったのでメイン・バックスタンドで13620席(最初の奴はVVIP席を加えていなかったので)、ゴール裏込みで26960席。ゴール裏をベンチシートにするなら22000席)。バックスタンドのアッパーデッキをベンチシート(座席間隔は幅40cm、奥行き70cm)にすればも7~800人くらいは確保できそう(メインスタンド側は記者席やVIP席を置く都合、座席間隔をいじるのは難しそう)。(12/22追記: でもバックスタンドアッパーデッキって多分ビギナー向けの座席になるから、指定席にしやすい個別座席の方がいいとおもう)

ってことで、改めて高さ規制がネックだと思った。

コメント(2)

  • 投稿者: またろ
  • 投稿日時: 2014/01/06(月) 19:23[JST]

あけましておめでとうございます。毎回、大変興味深く読ませていただいております。ところで、4隅のコーナー部分についての客席化も検討できないでしょうか?おそらく1~2千席程度ですが、増やすことはできそうです。ただクラブとしてはスポンサー獲得のためのプレミアムボックス席的なものも欲しがっていると聞きます。私案的にはそういうものを50ブース前後作ったうえで、27000~28000くらいが落としどころではないかと思ってきました。武道場はその上にオーバーハング構造とすることで、地下躯体を痛めない工法は可能と考えますので、このくらいまではできる(逆にその辺がマックス)というのが私の検討結果です。

  • 投稿者: KtJ
  • 投稿日時: 2014/01/07(火) 07:08[JST]

コメントどうもです。

まず4隅の座席化ですが、南側は高さ制限が厳しいのと、屋外イベント広場という市のコンセプトもそれなりに正しいと思っているため増設は避けるべきと考えます。北東も武道場に近接していて厳しい。やるとするなら北西のコーナーですね。建築面積500平方メートル強で1000人程度の増設、と考えます。

プレミアムボックスですが、VVIP席として幅30メートル程のスペースを考えていたのですが、足りないでしょうか。

武道場へのオーバーハングですが、技術的に可能であったとしても、「武道場の改装時に支障が出る可能性があるため県の同意を得るのが難しそう」「ここをオーバーハングさせても増席できるのは客単価のもっとも安いゴール裏なので(クラブにとっても)費用対効果としていまいち」という側面もあるため、あえてやる必要は無いんじゃないか、と考えます。

市民球場跡地に(クラブが理想とする)30000人級のスタジアムを作ったとしても、そう遠くない時期(20年はかからないだろう、とみています)に「もっと大きくてラグジュアリーなスタジアムを!」という状況になるのではないか(そのような状況であれば、郊外に移っても十分採算がとれるでしょう)、しかし、現時点でスタジアムにコストをかけすぎると移転したくても移転できない状況になってしまうのではないか、それはクラブにとっても望ましくない未来では無いか、という点を危惧しています。そんなわけで、この私案は「短期間で出て行っても行政にあまり迷惑をかけないスタジアム」をコンセプトの一つにしています。



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。