新球場案の感想

日本優勝おめ。ってことで、前々記事前記事で触れた新球場案の感想をば。

結論から先に言うと、それなりにまとまっているけど、いくつか修正した方がいいかな、というのが感想。

まず各方面から避難轟轟の外野席から。個人的には、外野の席数そのものはどうでもいい。ただ、ライト側を「ファイティングシート」と位置付けている以上、席数が3000というのは少なすぎ。6000はないときついとは思う。外野じゃなきゃスクワットできない、てことも無いだろうから、むしろ内野2階席のポール際のエリアを自由席にすればいいんじゃね?。「内野は外野よりも高くなきゃいけない」なんつールールも無いわけだし、メジャーでも外野より内野二〜三階のすみっこの方が安いケースもある。

それから、芝生席って応援用の席じゃないでしょ。あくまでも子供連れとかの人がピクニック気分で観戦する席。広島駅からもっとも遠くて、ふつーの人はあんま行きたがらないだろうから、芝生席で無問題。重要なのは、安い(つまり応援向きの)席がどれくらいまとめて確保できているかであって、それが内野か外野かってのはどーでもいいと思うんですけどね、私的には。

次、バカデカい一塁側内野二階席に付いて。あそこまで大きいとちょっと気になるかな・・・ もうちょっと一三塁のバランスを取ったほうが・・・ でも、一塁側スタンドが広島駅寄りなので、人の流れを考えると致し方ないかも。

広島は外野から席が埋まっていく、とはいっても、売上げの大半を叩き出しているのは内野席を中心とした「高い席」なわけで、「ホーム側内野席までいくのにあまり歩かなくて済む」が最優先、んでビジター側内野席と外野席のアクセス性がその次、つーのはしょうがない。ヤード跡地の特性を考えると、ある程度アンバランスになったり、外野のどっちかが芝生になるのはしかたないかな・・・

アーチは要らない。屋根かけも芝生の養生を考えるとあきらめた方がよさそう。新幹線の窓から見てアーチがいきなり立ち上がっているってのも景観上どうよ、ってのもある。どうしても屋寝かけの可能性を残すのなら、基礎工事だけで十分かと。

諸室については何が後回しになるのかが気になる。ふつーに考えるならスイートとかだけど。さすがにプロ野球興行に必要な部屋(ビールの売り子さんの控え室とか)が後回し、ってことはないでしょう。

スイートといえば、テラス席(東京ドームやナゴヤドームにある、二階席の下にぶら下がっている横数列程度の席。テーブルや食事サービスなどをつけて結構いい値段で販売されている)がなさそうなのでちょっと残念。これって、メジャーとかでは結構重要な収入源だったりするので。

グランドの広さが野球規則に準じてない、てのは問題。即刻直すべし。あと、個人的な好みだが、外野フェンスをメジャーや昔の藤井寺みたいに直線的にした方がかっこいいと思う。

以下まとめ。

つーところか。後はまあいいんじゃね、って感じ。

コメント(0)



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。