シュールの後継者が決まりました

広島・コズロースキー“左のライアンだ” 入団会見[archive] (スポニチ)

新外国人左腕、コズロースキーが入団会見。背番号34に「ノーラン・ライアンがつけていた番号だ。とても喜んでいるよ」と意欲を燃やした。大投手には縁もあり、02年レンジャーズ傘下のマイナーで活躍し「ノーラン・ライアン最優秀投手賞」を受賞している。27歳ながらマイナーを含め13チームを渡り歩いた苦労人。「必要とされる場所で投げたいが、希望は先発」と、先発争い参戦に意欲を見せた。

長年マイナー経験があり、なおかつトレードの多い選手はあちこちに顔が効くので何気に渉外スカウト適正があると思うのですよ。

因みに The Baseball Cube によれば、彼のキャリアは、

ってことで、実質5球団ですかね。高卒とはいえ、9シーズン目でやっとAAA級定着、ということで伸び悩んだ選手ではあります。いや、きっと今が買い時の選手なんですよ。シュールの目を信じましょう。

ちなみに、 The Baseball Cubeによるシュールの来歴 はこうなっています。通算7シーズンでマイナー込みで10チーム、メジャー所属だと5チーム。これに加えてメキシカンリーグの経験もあります。ちなみに、さすらいのマイナーリーガーとして有名な ジェフ・マント氏の場合 実に23球団(巨人も含めると24球団)を渡り歩いています(メジャー所属で分けると12球団)。なお、マント氏は日本ではアレでしたが、マイナーでは尊敬されているらしく、 AAAバッファロー・バイソンズ[archive] (ブラウンが前監督やってたとこですな)では彼の背番号30は永久欠番です。

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07
2021 01

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。