とりあえずツッコミは入れておいた方がよさそうなので

平野市議の最新のコラム

(2/19追記あり)

それから、ダン・ミース氏の新しい会社「Nadel」の設立と日本国での建設業の登録が出来ていれば、前回の事業コンペは、日本企業ではなくこの「Nadel」を参加させたかったというのが建設会社の思惑ではなかったのでしょうか。企業内部からも、アメリカ企業を参加させたいのだが、手続き上、間に合わないとの話を聞いた覚えがあります。

Nadel Architectsは建設会社ではなく、設計会社です。また、新しい会社というわけではありません。1970年代にできた会社です。また、当時の応募要項[archive]を見ると、外国籍の設計会社設計者の条件としては「それぞれの国において、本競技の対象となる建築物と同等の設計及び工事監理業務を行うことができる資格」となっており、Nadel ArchitectureDan Meis氏は十分な参加資格を持っています。したがって、上記の平野市議の主張は的外れと言わざるを得ません。

時に、「企業内部からも、アメリカ企業を参加させたいのだが、手続き上、間に合わないとの話を聞いた覚えがあります」というのはどの企業の事なのでしょうか。話を聞いた、というなら当然具体的な話をご存知ですよね。

もうひとつ、「NBBJ」のブログがみつかりましたので、その一部を紹介します。

NBBJのものでもありませんし、ブログでもないです。平野氏が貼り付けている画像の元ネタ [archive]IAAM[archive](International Assosiation of Assembry Managers 現在はInternational Assosiation of Venue Managers(IAVM)に名称変更)という、スタジアムやアリーナの管理者の団体のサイトのニュースです。要は、NBBJに対する顧客のサイトですな。

情報開示をすべきである、という平野氏の主張については同意ですが、他のサイトの情報を引用するなら、読み手が正誤を判断できるよう、一次ソースの在処を明示すべきだとおもいます。てか、一次ソースを確認すると、高い確率で平野氏が誤認をしていることが確認できてしまうわけなのですが。市長のやりかたを批判するのは別にかまわないとは思いますが、やるならきちんと検証した上でやらないと、逆効果だとおもいます。

以下、2/19追記。

ただ、地元の中国新聞でさえ地方版のみの掲載であり、前社長時代であれば、当然一面が大きなカラー写真により占められ、記事とコメントの横にある秋葉市長の顔写真がその存在感を際立たせていたのでしょうが、もはや両者とも市民に対する影響力は少なくなっているのではないでしょうか。

前社長って誰のことすか? 可能性があるとすればカープのオーナーか?(カープのオーナーは社長兼任です) エンティアムの提案の時は先代の耕平氏がオーナーだったのだが、その時は大々的に取り上げられてましたっけ。(いちおう一面だったけど小さな囲み記事だったような)

世の中で歓迎されない不祥事が多発して、今回のデザインありきの設計コンペに変更しなければならない状況に追い込まれましたが、為政者の思いはどうしても、当初からの企業とデザインが脳裏に残っており、設計コンペの諸規定、諸条件は全て、「Nadel」ありきの仕様になっているのではないでしょうか。

新球場の流れをきちんと追っていけば自ずとわかることですが、環境デザイン研究所案は、こと機能面においてはカープの提案を大幅に取り入れたものとなっています。ダン・ミース氏がどうこう、と言うよりはカープの意向が大きいんですよ。カープ提案[archive]ミース氏の昔の球場案[archive]を比べると、どちらが環境デザイン研究所案に近いかは一目瞭然でしょう。

# てか、ミース氏、過去のデザインを見る限りでは、フットボール場と屋内アリーナは得意だけど、あまり野球場については詳しく無いような気がする。

コメント(3)

  • 投稿者: たまー
  • 投稿日時: 2007/02/18(日) 10:13[JST]

(投稿者URL: http://blog.livedoor.jp/ta_kashimura/)

こんにちは。突然トラックバック送って
申し訳ございません。
平野さん、あちこちで人気(笑)ですね。
この上、市長まで支配されたらたまりません。

  • 投稿者: 鯉魂
  • 投稿日時: 2007/02/19(月) 21:38[JST]

おつかれさまです。
平野氏は、このブログ明らかに覗いていますね

平野市議の言う「前社長」とは、中国新聞の社長のことではないでしょうか?

  • 投稿者: KtJ
  • 投稿日時: 2007/02/22(木) 07:00[JST]

たまーさん>
トラックバックどうもです。
平野市議はなんだかんだいってマメに更新しているので、どうしてもツッコミが集中してしまう、というきらいはありますね。

鯉魂さん>
そうすると、「両者」って誰の事だろうか、一人は市長(昨日で任期満了だから前市長か)だろうが、もう一人は?
という疑問があったのです。
しばらく考えた末、ようやく分かりました。つまり、「中国新聞の前社長時代は、秋葉氏と中国新聞の関係は良かったが、
現社長下ではそれほどでもない」「秋葉氏も新球場も、現在はそれほど市民は注目していない」という2つの互いに
あまり関連性のない事柄を一文で述べている、てことですね。分かりにくいですな。



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。