Xubuntu12.04: FluxboxでGTKのテーマ設定

Fluxboxは軽量かつシンプルでそこそこの機能を持ったウインドウマネージャで、私のお気に入りのLinuux/FreeBSD GUI環境である。

しかしながら、デフォルトの状態ではちと不満が。GTK2/3ベースのアプリケーションの外観が"Redmond"というWindowsライクなものに固定されていることだ。いや別にWindowsライクでも構わないのだが、タブ表示を行うアプリケーションにおいて、どれがアクティブなタブなのか分かりづらいのだ。特にGnome-TerminalやGeditではこの欠点は結構痛い。

で、調べてみた。

GTK2のテーマ設定

gtk-chthemeをインストールして実行。

GTK3のテーマ設定

まず、gnome-settings-daemonとgnome-tweak-toolをインストールしておく。

次に .fluxbox/startup の、 exec fluxbox の前の行に、 gnome-setting-daemon & という行を追加する。で、一旦ログアウトして再度ログイン。そうすると、gnome-tweak-toolを使ってGTK3のテーマを変更することができるようになる。

(2015/2/11追記)

Xubuntu14.04だとGTK3に関するこのやり方は不適。というのもgnome-settings-daemonが起動するとfluxboxの背景画面をXubuntuデフォルトのものに置き換えたり、fluxbox側で設定したxmodmapをリセットしたりしてしまうからだ。ぐぐってみたところ、ubuntu forumsに解決策が記載されていた。つまり、 /usr/share/themes/所望のテーマ/gtk-3.0 のシンボリックリンクを ~/.config/gtk-3.0 に張ってやればよい、ということだ。

コメント(0)


Blog category: Ultima | Adventure games | BSD and Linux | FM TOWNS and Japanese home computers | Computers | Bottle | 広島新球場 | 日本プロ野球 | 広島市民球場跡地とサッカースタジアム | その他スポーツ | Other topics
2002 08 09 10 11 12
2003 01 02 03
2004 01 02 03 04 06 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 04 05 06 07 09 10
2010 01 03 04 05 08 11
2011 01 02 03 04 07 11 12
2012 01 02 03 09 10 11
2013 01 02 03 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 07 08 11 12
2016 03 04 05 07 08 09 10 11
2017 06
2018 11 12
2019 01 04 10
2020 05 06 07
2021 01

Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。