Blog ページ5/10

田辺一球氏の携帯サイトがアスリートから独立した模様

2ちゃんねるの球界再編板の新球場スレのレス246で言及されてはいたが。

携帯アスリートより

ご愛顧いただいております田辺一球のコラム「赤の魂」ですが 筆者の都合により連載終了とさせていただきます 長らくのご愛読ありがとうございました

ま、個人の都合は知るには及ばないが さらばだ、一球 元気でやってくれ

今後はできたての自前のサイト「赤の魂[archive]」で携帯サイトも運営するらしい。

(続きあり)


アスリートマガジン2007年五月号

巻末の田辺一球氏のコラムが熱い。

例によって平野市議のコラム[archive]の引用が多い。正直なところ、平野市議のコラムを持ち上げるのはどうかと思う。だって、市議のコラム、矛盾だらけで読めば読む程「市議や田辺氏の方が変」つー結論になるじゃないですか。

(続きあり)


今日の感想(ヤード跡地)

今日の午前中、広島駅からヤード跡地まで歩いてみました。


さて、今広島にいるわけだが

いきなり雨とはなんとも間が悪い。ま、うろついていて目に入ったショットバーが当たりだったので良しとしよう。

とりあえず、明日のチケットは購入しました。また、明日の午前中はヤード跡地付近をうろうろしている予定。


外資系建設会社

新球場の建設に外資系の建設会社は参入できるのか、と言う話。

基本的には、日本で建設の営業活動を行うには、都道府県知事(その都道府県のみに営業所を置く場合)か国交省大臣(複数の都道府県に営業所を置く場合)の許可が必要。さらに、新球場クラスの大型プロジェクトの場合、特定建設業許可が必要となる。おそらく、土木と建築の両方で特定建設業許可が必要となるだろう。(JVを組むならどっちか一方でもよいかもしれん)

(続きあり)


だからドームはやめれって

柏村武昭候補の公約より(該当する時期のアーカイブなし 比較的近い2007年5月18日のアーカイブ[archive])

柏村の約束〜その5 新球場のドーム化!

なんで?

州都として中国・四国地方の人々に喜んでもらうため。多種多様なエンターテイメント文化を広島に誘致するため。

柏村はこうする!

第1次新球場計画の早期実現に全力で取り組み、周辺アクセス整備やドーム化を第2次ドーム化計画で検討します。しっかりとした事業計画、未来への発想を取り入れた「総合街づくり事業計画」で実感できる施設を創ります。

(3/23追記あり)

(続きあり)


アラップの新球場案

以前とりあげたように、アラップはどちらかといえばエンジニアリングの会社であって、コンセプトやアート面をメインとしているわけでは無いようです。サッカー場や陸上競技場など、アラップが基本から担当しているものもあるのですが。

アラップ広島グループのサイト[archive]に記載されている実績(どーでもよいが、直訳調の翻訳はなんとかならんのか)に書いてあるスタジアムについては、以下のとおり。

(続きあり)


さて、清水と鹿島が指名停止の見込みなわけだが

既に大林が消えているので、竹中と大成の争いということか。

Yahoo! ニュースより[archive]

名古屋市発注の地下鉄工事を巡る談合事件で、名古屋地検特捜部は28日、公正取引委員会の告発を受け、大手ゼネコン「大林組」(大阪市)名古屋支店元顧問・柴田政宏被告(70)(名古屋市)(別の談合事件公判中)を独占禁止法違反容疑で再逮捕、さらに、他のゼネコン4社の営業担当者4人を同法違反容疑で逮捕した。

逮捕された4社の担当者は、「鹿島」(東京都港区)名古屋支店次長・浜島哲郎(57)(愛知県安城市)、「清水建設」(同)名古屋支店元営業部長・河島嘉(61)(三重県東員町)、「前田建設工業」(千代田区)中部支店元副支店長・柴田幸男(59)(名古屋市)、「奥村組」(大阪市)名古屋支店元次長・後藤邦夫(63)(名古屋市)。


前回コンペの議事録が公開

広島市新球場設計・技術提案競技の結果について(広島市サイト)[archive]より見ることができる。

中でも「第2回広島市新球場設計・技術提案競技選考委員会(平成18年3月8日開催)議事録[archive]」が興味深い。

(続きあり)


平野市議のサイトが更新(2/21)

まずは、所信表明。あくまでも私は新球場ネタを追っかけているだけであって、平野市議のヲチをやるつもりは無いので。なんで、球場以外のネタには原則突っ込みません。

ということで、平野市議のコラムが更新されました[archive]

(2/24追記あり)

(続きあり)



Note

本サイトのハイパーリンクの一部は、オリジナルのサイトが閉鎖してしまったため"Internet archive Wayback Machine"へのリンクとなっています。そのようなリンクにはアイコン[archive]を付与しています。

本サイトはCookieを使用しています。本サイトにおけるCookieは以下の三種類のみであり、Cookieの内容に基づいてサイトの表示を変更する以外の用途には用いておりません。